義両親のお金周りの整理に着手。


こんにちは、mulu(むぅ)です。
お越しいただきありがとうございます。

ちょうど1週間前のことです。

義母から銀行通帳の整理を頼まれました。

いや、頼まれたというよりも

『お義母さん、こうなったら私がやりましょう。』

つい口がすべってしまったと言うほうが正しいんですが、

義母は待ってました!とばかりに乗ってきましたよw

仕事が忙しそうだから遠慮してたのよ~、なんて言いながら。^^;

今日はその話を。

スポンサーリンク

引き落とし口座を適当に決めるのがすべての原因

通帳の整理といっても、そんなにめちゃくちゃ数があるわけではありません。

ゆうちょ銀行と地銀に義父3口座+義母2口座、計5口座です。

で、どう整理したいかと言うと、光熱費や税金関係その他諸々の引き落としを

全て義父名義のゆうちょ口座にまとめたい、というものでした。

何となく分かっていたことですが、義母はきれい好きで神経質な性格なのに、

銀行引き落とし先の指定はてんでバラバラ、行き当たりばったりでとっ散らかっています。

義母にかかる費用が義父の口座引き落としになっていたり、その逆もあったり、

ゆうちょ口座にまとめたいと言う割には、今年からNHK料金の引き落とし先を

ゆうちょ銀行→地銀に変更していたりと、訳が分かりません。

※おそらく義母本人も訳が分かっていません

銀行印も適当に決めているので、どの印鑑だったか毎回ひとしきり悩みます。

繰り返しますが、あの几帳面な義母が銀行関係のことになると人が変わったように

杜撰(ずさん)なのが本当に謎ですw

たかだか2行5口座なのですが、これまで引き落とし先をやたら変更しまくって

複雑にもつれあっているため、ざっと通帳を見ただけでは完全に把握できず。

義母は義母で、時系列などお構いなしに自分の記憶の断片をつなぎ合わせて

ああだったこうだった、と横から口を挟んでくるので通帳に集中できず。

1年以上記帳していない通帳もあります。というのも、

義母は外科的手術を機にクルマも自転車も乗らなくなったため自力で銀行に行くすべがなく、

頼みの義父は2人一緒にクルマで出かけても銀行に立ち寄るのを渋り、記帳が滞る

という事情があるためです。(渋る理由:駐車場に止めるのが苦手だから)

一言で言うと「義両親もいよいよ年を取った」ということなんですね。

で、つい冒頭の言葉が出てしまった、というわけです。

ATMで通帳記帳→現状をわかりやすく一覧表に

翌日、日曜日も開いているATMへ出向き、預かった通帳の記帳をすませると

自宅へ戻って通帳をとっかえひっかえしながらお金の動きを紙に書き出し、

義母が理解しやすいよう整理して口座ごとにまとめた表にしました。

メリットもいくつか

チェックする過程でムダな支出を発見。

「dカード」という名目で年会費とおぼしき代金が引き落とされていました。

調べてみるとこれはドコモのクレジットカードで、年に1回も利用がないと

翌年に年会費が発生するというルールになっていたんですね。

少なくとも平成28年以降は毎年引き落とされているところを見ると、

カードを作ったまま利用することなく放置状態なのは明らかです。

これは早急な解約を促しました。

もう1点、通帳の残高を確認できたことも良かったです。

親がどの程度お金を持っているかは、なかなか面と向かって聞けないものですが、

今回あっさり把握できましたw

今やっていること

支払い関係は順次、義父名義のゆうちょ口座へ変更の手続きをとっています。

また、今後の口座ごとのお金の減り具合を想定し、それぞれ適切な残高になるよう

資金移動することを義母に提案したいと思っています。

さらに、しばらく様子を見て動きが落ち着いたら、地銀の口座解約をすすめます。

手術の影響もあって、義母は通帳の細かい文字をじーっと見ていられず

「面倒くさい」という感情を露骨に出すんですよね・・・そもそも管理がアレだしw

ならばせめてゆうちょ銀行のみにして負担感を減らそう、と。

口座が2つになってしまえば印鑑も迷うことはありませんし、

いよいよ本人による管理が難しくなった時も、スムーズにフォローできます。

というわけで・・・

お金周りの整理はいつやる?今でしょ!という話でしたw

義母は性格上、きちんとしておきたいという気持ちはずっとあって、でも

自分でなかなか上手くできなくてモヤモヤしていたんだろうと思います。

となると、この一連の流れは義母の術中にまんまとハマったということ?策士か?w

でも義母も喜んだし、私も義両親の懐事情を知って心づもりができた点は良かったかなと。

高齢の親をもつ子世代にとって、介護・家・お墓など心配のタネは尽きません。

これらはつまるところ『お金』の問題です。

老後のために今を生きているわけではないけれど、老後資金の確保と

誰でも分かるようにお金を管理しておくことは、自分のみならず家族のためにも

疎かにしてはいけないと感じました。


*最後までお読みいただきありがとうございました*
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ
↑↑↑
応援していただけると嬉しいです^^
   
スポンサーリンク