1人暮らし男子大学生の年間生活費を算出してみました。


こんにちは、mulu(むぅ)です。
お越しいただきありがとうございます。

長男が無事に大学2年生に進級しましたw

去年の今頃は、まだバタバタの余韻が残っていたような。

こんなところでも、1年なんてあっという間だなあ・・と感じますね。

1人暮らしを始めて丸1年が経過しましたので、年間通じての生活費を算出してみます。

ちなみに去年の夏に5~7月の生活費を計算したときは、月平均82,474円でした。↓

さて、どうなっているでしょうか?

スポンサーリンク

1人暮らし大学生の生活費(H29.4.1~H30.3.31)

費目年間費用月平均(端数は四捨五入)
1,007,02884,941
家賃483,26840,272
電気・ガス 45,671 4,152
水道 22,596 2,054
ネット回線 30,240 3,024
スマホ 25,125 2,094
NHK 3150 263
キャッシュカード320,64826,721
クレジットカード 76,330 6,361

年間トータルでほぼ100万円、月平均84,941円の費用がかかっていることが分かりました。

年間合計と、それを12で割った月平均の数値が合わないのは、水道やネット回線など

支払い開始月にタイムラグが生じた費目をより実態に近くするために調整しているためです。

5~7月平均と比較すると、2,500円ほどアップしていますね。

これは、9月に別のアパートへ引越して家賃が高くなっていること、

オール電化物件のためガス代が無くなり、トータルで光熱費が下がっていること

などにより加減され、結果2,500円のアップとなっています。

とりあえず見直し

家賃・ネット回線は固定価格、スマホ料金も抑えられていますので、

残る電気・水道・個人支出で見直す箇所がないかを考えてみます。

大学生のくくりではありませんが、2015年総務省統計によりますと

35歳以下一人暮らし世帯ひと月あたりの光熱費平均額は

電気代3,257円・ガス代2,537円・水道代1,342円

これと比較すると電気(+ガス)代は平均以下、水道代はオーバーとなっています。

去年の夏、オール電化の学生物件に偶然空きを見つけ、即断で契約したのは正解でした。

どの程度光熱費が下がったかは、あと半年ほど経過しないと正確な比較はできませんが

ガスの基本料金を払わなくていい+火が無い安心感はすごくありますね。

水道料金は地域によってかなり差があり一概に比較できません。

長男の住む自治体は全国平均より高めであることと、

毎月の料金が安定していますので、ここは現状維持でOKとします。

個人支出は月平均33,000円ですが、食費やら何やら全部ごっちゃになっていて

明細が不明ですので、見直ししようにもできません^^;

アルバイトで月30,000円ほど収入を得ていますので、労働でほぼ賄っていると考えれば

ここもどうこう言えないかなぁ。。。甘いですか?そうですかw

ただ、口座からの出金手数料を1年間で648円払っています。

明らかにムダな支出なのでその都度諭すのですが。。。

ここは今後も粘り強く話をしていこうと思っています。

また引越しを機にNHKは解約しました。

大学生にテレビを見るヒマはありませんし、知りたい情報はスマホやパソコンで

事足りますので、テレビは必要ないようです。

というわけで・・・

大学生の一人暮らしの生活費を計算した話でした。

感想としては『まあこんなものだろうね。』です。ざっくり~w

長男は長男なりに無駄遣いしないよう意識しているとも思いますのでね。

今年はさらに国民年金保険料の納付も始まりますし、

娘が大学生になる(予定の)来年度は、費用が倍増。

子供の生活費だけで毎月20万円近くすっ飛んでいくことになります。ひゃ~(@@;

お金お金って・・・と思っちゃいますが現実は直視しないとね。

我が家は浪費家計でもなければめちゃくちゃ緊縮家計でもありません。

ふだんは意識することのないレベルでそれなりの質素な生活を送っているつもりですが、

たまにはこうやって、大きくなりつつある教育費を数字で見ることで

意識に取り込むことも必要だと感じました。

なにか参考になれば幸いです^^


*最後までお読みいただきありがとうございました*
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ
↑↑↑
応援していただけると嬉しいです^^
   
スポンサーリンク